• 自動車の安全の基本はシートベルト

    • 自動車事故を起こしたとき、どんなに安全性の高いクルマであっても、シートベルトをしていなければ大きな怪我につながります。

      ラッピングカーを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

      エアバッグが普及し始めたころ、エアバッグがついているからシートベルトをしなくても大丈夫だろうと過信したドライバーが事故を起こした時、エアバッグを飛び越えて体が投げ出されてしまうということが起こりました。また、低速走行だったとしても、ぶつかったときの衝撃は想像以上に大きく、前方に体が投げ出されてしまいます。

      知って得するNAVERまとめの基礎知識をご説明をしたいと思います。

      しかし、シートベルトをしっかりしていれば、体が前方に投げ出されることはありません。絶大な効果があるのです。
      シートベルトは前席に座る人だけではなく後席に座る人も義務化されました。特に高速道路などの自動車事故では、後席に座っていた人がシートベルトをつけていなかったために車外に飛び出してしまって命を落とすということも少なくありませんので、自動車に乗るときはすべての人がシートベルトをするという意識が大切です。

      シートベルトをつけると、苦しいから苦手だという人もいます。


      背が低いために首の部分にシートベルトがきてしまうような場合は、シートベルトの高さを調節してみたり、シートの高さや前後の位置を調節してみると良いでしょう。



      あるいは、シートベルトストッパーなどの器具を取りつけると、締め付けを緩めることができます。1〜2センチ緩めるだけでも、ベルトの穴を一つ緩めるような感じで、とても楽になります。もちろん、衝突時の安全性が損なわれることはありません。

  • ためになる情報

  • 基礎知識

    • 自動車のハンドリング特性

      自動車のハンドリングの特性を表す言葉として、アンダーステアとオーバーステアがあります。アンダーステアというのは、一定の角度でハンドルを切りカーブを曲がっているとき、速度が上がるにつれて、外側にふくらんでしまうことを言います。...

  • 生活のコツ・納得の事実

    • 自動車の次世代カメラシステム

      WECと呼ばれる世界耐久選手権は、日本人には不向きな自動車レースだと言われています。日本人レーサーが、レース中の夜間走行でヘッドライトが暗いと愚痴をこぼしていても、ヨーロッパや北欧出身のレーサーは何の不平も無く走り切ります。...

    • 自動車の趣味性が復活している

      今は高級車はそれなりに売れています。スポーツカーは一時の低迷を抜け出しつつあると言うところでしょうか。...