• 自動車のハンドリング特性

    自動車のハンドリングの特性を表す言葉として、アンダーステアとオーバーステアがあります。
    アンダーステアというのは、一定の角度でハンドルを切りカーブを曲がっているとき、速度が上がるにつれて、外側にふくらんでしまうことを言います。

    よりシンプルさを追求した車両ラッピングの詳細についてはこちらです。

    遠心力が働いて外側にふくらんいくような感覚なのですが、実際には前輪の横滑りして起こります。
    多くの自動車は安全性を高めるように基本的にこのアンダーステアが出るようになっています。
    そのためにカーブを曲がるときはスピードを落とし、もしアンダーステアが強く出るときは、アクセルペダルから足を離して、エンジンブレーキを利用すると効果的です。これに対して、オーバーステアというのは、一定の角度でハンドルを切りカーブを曲がっているとき、速度が上がるにつれて、クルマが内側に切れ込んでしまうことを言います。

    Yahoo!知恵袋の情報はここで調べよう。

    わかりやすく言えば、曲がり過ぎるということです。オーバーステアは、速度の上がるにつれて後輪が横滑りすることから起きます。


    オーバーステアが出るときもアンダーステアと同様に、アクセルを緩めて減速させると効果的です。

    また、カーブで速度が上がっても、外側に膨らんだり、内側に切れ込んだりすることがなく、ニュートラルなハンドリング性能の自動車もあります。ドライバーにとっては、このニュートラルな特性のクルマが運転しやすいと感じることでしょう。


    自動車によってアンダーステア傾向が強いタイプもあればオーバーステア傾向が強いタイプもありますので、自動車のハンドリング特性を体で覚え、カーブを曲がるときはアクセルを踏み込むことをせず、ゆっくり曲がることが大切です。