• 自動車の次世代カメラシステム

    WECと呼ばれる世界耐久選手権は、日本人には不向きな自動車レースだと言われています。


    日本人レーサーが、レース中の夜間走行でヘッドライトが暗いと愚痴をこぼしていても、ヨーロッパや北欧出身のレーサーは何の不平も無く走り切ります。

    営業車のラッピングの人気が上昇しています。

    この事は、日本の一般自動車の夜間走行にも言える事であり、夜間の交通事故を防止する為にも夜間歩行者の認識と静止障害物検知能力を向上させたセンサーを搭載する運転支援システムが必要とされています。

    又、2018年にヨーロッパで導入予定の新車安全性能評価に歩行者衝突回避などの次世代先進運転支援システムの追加が検討されています。
    日本国内の企業では、光から電子への変換効率の高いフォトダイオードと電子から電圧への変換効率を高めた回路を組み合わせる事で、従来比約2倍の世界最高感度2350mVを実現させ、星明かりよりも暗い道路でも高画質なカラー映像の撮影が可能な世界最高精度の車載カメラ用CMOSセンサが開発されています。

    こだわりのNAVERまとめ情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

    更にこのCMOSセンサは、近赤外領域の光感度を向上した画素構造を搭載しているので、近赤外用LED照明を併用する事で、更に被写体の認識精度を高める事が可能です。単眼レンズの車載カメラで無く、運転している自動車の周囲や前後の状況を視認する標準レンズに加え、長距離検知機能を高めたレンズと高速走行運転や渋滞走行などを支援する為の短距離用の魚眼レンズなどを搭載している複眼カメラシステムと新しいCMOSセンサを組み合わせる事で、より精度の高い運転支援システムの構築が可能です。